2014年10月29日

テクニカル分析による為替の見通し

テクニカル分析による為替の見通しはどんなふうに行うのでしょうか。これから値動きがどう変化するかを、どのような方法で常に変動する為替レートに対して予測すれば良いのでしょう。テクニカル分析というのは、いくつかある為替相場の見通しを立てる方法のうちの一つです。過去の為替相場がどんな動きをしていたかということから今後の見通しを立てるのがテクニカル分析で、経済指標や各国の金利などは見ることなく分析します。過去の為替の値動きを分析し、上昇の兆候や下降の兆候を読み取るのが、テクニカル分析です。どんなふうに為替が動いたか、バーチャート、ラインチャート、ローソク足などでグラフ化してから検討します。為替のチャートを分析することで、今後の値動きの見通しを立てるのです。値動きを、統計学を根本にグラフにして分析していくので、簡単にたとえ為替取引をほとんどしたことが無い人でも、相場の見通しを立てることができるでしょう。いろいろとテクニカル分析の方法はあるようで、パターン分析、移動平均線、MACDなどをよく耳にします。別のグラフを特定のグラフが下から抜いたら買い、上から抜いたら売りというように、簡単に誰もが為替の見通しを立てることが可能だといいます。テクニカル分析はたくさんの方法を覚えて、単純に組み合わせればいいというものではありません。自分なりの見方、考え方を身につけることも必要になってきます。さらにテクニカル分析の方法には、短期の見通しをする時に合っている方法や、長期の見通しを立てることに役立つ分析方法などがあるようです。まずは使いやすいテクニカル分析での為替の見通しの方法を見つけることをおすすめします。
posted by 鬼子 at 01:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする